今人気のVIO脱毛・ハイジニーナ脱毛でおすすめな脱毛サロンランキング

今ワキ脱毛に続いて人気なのがVIO脱毛。

 

何年か前までは、全身脱毛のコースに含まれているからVラインの形を整えておく程度に脱毛するというのが一般でしたが今ではVIO脱毛をするのが当たり前になってきています。

 

以前脱毛サロンでVラインしか脱毛していなかったので、IラインやOラインの毛をなくしたい、Vラインの形を整えるだけでなく、毛量を減らし自然に見せたい、ハイジニーナ脱毛(デリケートゾーンを無毛)をしたいなど様々な理由からVIO脱毛をはじめています。

 

でもいくら流行っているからといっても、デリケートゾーンを見られるのが恥ずかしくて勇気がなかったり、VIO脱毛についてあまり知識がないという人も少なくないでしょう。

 

VIO脱毛への疑問や効果、おすすめの脱毛サロンでのキャンペーン情報を紹介していきます。

 

VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛とは

VIO脱毛

脱毛サロンによって多少呼び名が違ってきますが、デリケートゾーンの脱毛でVラインの毛量を減らし形を整え、IラインとOラインは毛を残すか残さないかまでのことを言います。
簡単にまとめると、デリケートゾーンの毛をある程度残すということです。
Vラインはビキニラインと呼ばれる上部、Iラインは性器のサイド部分の両側、Oラインはお尻(肛門)です。

 

ハイジニーナ脱毛

デリケートゾーンの毛を全て脱毛し無毛にすることを言います。
脱毛サロンではVIOを毎回、全て照射していきます。
ハイジーンという衛生という意味からつけられた呼び名で、海外ではブラジリアンワックスなどを使い無毛にするのが一般的です。

VIO脱毛する前に知っておきたいメリットとデメリット

 

VIO脱毛は他の部位に比べて脱毛をして、もし後悔したら結構恥ずかしい部位ですよね・・・。

 

そのため、VIO脱毛をすることによって得られるメリットとデメリットも知っておくことが大切です。

 

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛のメリット
  • 見た目がきれいになることで色々な水着や下着にチャレンジできる
  • 最近ではブラジリアン水着が流行っていたり、下着は脱毛しないと履けないじゃんっていうぐらい面積が小さくなっていますよね。特にVラインは脱毛しておくことでチャレンジがしやすいです。

  • 自己処理による埋没毛や肌荒れが解消する
  • 剃刀や毛抜きで処理をすると、また生えてきた時にボツボツの毛が目立ってしまったり、毛穴の中に埋まってしまったまま生えてしまう埋没毛になってしまう可能性があります。
    そういった肌トラブルも脱毛することで防ぐことができます。

  • 生理時の不快感が解放され、清潔に保てる
  • 特にIラインの毛はナプキンを当てることで経血がついてしまい不快に感じたり、細菌が繁殖しやすいので脱毛することによって清潔に保てるようになります。
    デリケートゾーンの匂いが気になる人も脱毛することによって改善されます。

 

VIO脱毛とハイジニーナ脱毛することのデメリット
  • Vラインが整っていたりハイジニーナにすると温泉や銭湯などで浮いてしまう
  • 特にハイジニーナはまだ日本では流行りだしたばかりなので、実際に脱毛をした人は少し恥ずかしいかも・・・と感じるようです。
    Vラインもいかにも脱毛してますっというぐらい細いラインにするのも公共の場で抵抗あるという声もまだまだあります。

    • 男性によって好みが分かれる
    • 男性によっては、なんでそんなところを脱毛するの?と思う人もいます。
      パートナーに相談するか、VIO脱毛は自然な仕上がりにしておけばよかったと後悔する人も少なくないのでどう脱毛しておくか決めておいた方がいいでしょう。

        • 生理時の経血の横漏れ
          • 今まで毛で経血の横漏れを防いでいたIラインやOラインを脱毛することによって、好くなからず横漏れの原因の一つになってしまうこともあります。

 


VIO脱毛・ハイジニーナ脱毛を脱毛サロンではじめる前にQ&Aで疑問解決!

 

VIO脱毛って痛いの?
ムダ毛が濃い部位なので他の部位に比べると多少痛みを感じる場合があります。

脱毛サロンで使用する光脱毛はゴムで軽くパチンと弾かれるよう刺激でほとんど痛みを感じませんが、黒い部分に反応するため他の部位に比べてVIOは毛量が多く一本一本が太いので刺激が強くなります。

 

また、下着などのこすれで黒ずみや色素沈着があるとその部分にも脱毛器が反応してしまいます。
特にVラインの内側とIラインを照射時に痛みを感じるという人が多いです。

 

ただ安心してほしいのは、照射の痛みはほんの一瞬で脱毛器を当てたあとはずっと痛い・・・ということではありません。
脱毛サロンでは、痛みを感じやすい部位を照射する時に一声かけてくれるところが多いので安心してくださいね。

 

VIO脱毛をする時の格好は?

紙パンツなどをズラしながら脱毛していきます。

 

VIO脱毛を始めたいけど踏み出せないという人は施術中に見られるのが恥ずかしいというのが一番の理由ではないですか?
脱毛サロンによって着用するものは変わりますが、用意された紙パンツなどを照射部分だけ下げて、ズラしながら脱毛していくので施術中に全て見えている状態にはなりません。

 

Oラインはうつ伏せか横向きに、Iラインは仰向けで片足ずつ開いた状態に、Vラインは仰向けで少し脚を開いた状態で脱毛していきます。

 

また、VIO脱毛だけの場合はショーツだけ履きかえればいいだけなので、トップスは着替えなくても大丈夫なサロンが多いです。
そのためワンピースで来店するとどうしても施術の妨げになってしまい用意されたガウンなどに着替えなければいけなくなってしまうので、、ショーツだけ履き替えたいならできれば避けた方が無難でしょう。

 

Vラインの人気の形は?

スクエア型・たまご型が人気です。

 

一番人気なのが自然に見えて、いかにも脱毛したという感じにならないスクエア型です。
たまご型は自然に見えるスクエア型の角をなくし丸みを出した形で、これもナチュラルに見えるということで人気があります。
その他、Vラインのデザインはたくさんあり、どのぐらいの範囲まで脱毛したいかによって変わってくるので脱毛の経過を見ながら通うといいでしょう。

 

また、Vラインは形を整えても残した毛が太いとその部分だけ目立ってしまいます。
おすすめの方法として、VIO脱毛に通いはじめて3〜4回は全照射(ハイジニーナ)をして毛を細く量を減らしその後希望の形に合わせて脱毛すると自然に見えますよ。
全照射する回数は肌質や毛量によって人それぞれなので、エステティシャンの人に相談しながら脱毛することいいでしょう。

 

みんなIラインってどうしてるの?

最近ではIラインは無毛にする人が多いです。

 

Iライン(性器周りの部位)は脱毛をするかしないかで迷う人が多い部位。
通いはじめて間もないうちは、Iラインは脱毛しなくていいや〜と、VラインとOラインだけを脱毛していて、そのうち残した毛が邪魔に感じて、Iライン脱毛しておけばよかったと後悔してしまう人も少なくありません。
どうしてもVラインやOラインがどんどんツルツルになってくるとIラインの毛が目立って見えてしまうんですよね。
Iラインは生理の時の不快感やおりものなどが原因によるムレを引き起こすので、VIO脱毛をするならIラインも脱毛することをおすすめします。

 

Iラインの粘膜は脱毛できる?

脱毛サロンでは粘膜の照射はできません。

 

脱毛サロンではIラインの粘膜の毛は照射できず、粘膜ギリギリまでの脱毛で脱毛が可能です。
じゃあ、Iラインは無毛にできないの?というわけではなく、通いはじめると分かりますがIラインは粘膜には毛は生えていなくて、ギリギリの部分に生えているのでちゃんと脱毛効果はあります。
ただ、VIOの中でも一番回数がかかるので効果がないのかと感じるかもしれませんが、Iラインの毛を全てなくしたいというなら12回以上脱毛することをおすすめします。

 

ハイジニーナ脱毛ってなに?

VIOの毛(デリケートゾーン)全てを無毛にすることです。

 

最近ジワジワ浸透してきたハイジニーナ脱毛。海外では当たり前になってきていますがまだ日本では銭湯などでは浮いてしまうかもしれません。
また、パートナーが変わると好みも分かれるという点から踏み出せないという声もあります。
ただデリケートゾーンを一番清潔に保てることができるのはハイジ二ーナ脱毛ですね。

 

生理になってしまったけどVIO脱毛できるの?

VIO脱毛は生理の時は施術ができません。

 

VIO脱毛は生理の時は施術ができないので注意が必要です。
これは脱毛サロンだからではなく、クリニックよる医療脱毛でも生理の時のVIO脱毛は施術が不可能です。
生理中は痛みが大きくなったり、ホルモンバランスが不安定なので脱毛効果が薄く、経血のためIライン脱毛ができないなどの理由で脱毛をすることができません。
そのため、次回の予約をする際には生理日と重ならないように気をつけてください。
万が一生理と重なってしまう場合には、予約キャンセルもしくは予約の変更の手続きをしておきましょう。
当日のキャンセルの場合、脱毛サロンによっては一回分の回数が消費されてしまったり、ペナルティとして追加料金を支払わなければいけなくなってしまいます。

 

また、VIO脱毛に限らず生理時はホルモンバランスが乱れやすいので他の部位も脱毛をするのは極力避けた方がいいですよ。

 

VIOを自分で処理し続けてはダメ?

デメリットが多いのでできれば自己処理をしないかサロンでVIO脱毛することをおすすめします。

 

毛抜きやブラジリアンワックス、剃刀などを使って自己処理ができますがデメリットが多いです。
ワックスや毛抜きを使うとムダ毛を無理やり引き抜くことで毛だけでなく表面の皮膚の角質も同時に剥がしとってしまう可能性があります。
剃刀での処理は、シェービングがしにくい部位なのでケガをしてしまう恐れがあるのと、剃刀負けで肌が傷ついてしまったり、埋没毛になってしまうかもしれません。
よく、水着を着るときだけ処理をする人がいますが、自己処理により肌がデリケートになっている時に海やプールなどに入ってしまうと細菌が入りやすくなったり肌荒れがしやすくなるので注意が必要です。

 


VIO脱毛でおすすめ!人気の脱毛サロン最新ランキング

 

VIO・ハイジニーナ脱毛でおすすめ!人気の脱毛サロン最新ランキング

おすすめポイント

VIO脱毛は他の部位に比べて脱毛が終わるまでの回数と期間がかかります。

銀座カラーのVIO脱毛のコースは満足するまで何度でも通い放題なので、ツルツルになるまで脱毛したいならお得です。
Vライン・Vラインサイド・Iライン・Oラインのデリケートゾーン全て脱毛が可能で、通う頻度は一年目は最大6回通うことができます。
2ヵ月〜3ヵ月おきにVIO脱毛ができるので、ペースは特別に早いわけではありませんが、しっかり生えてきた頃に脱毛するという通い方ができます。
また、銀座カラーは脱毛効果の高いIPL脱毛器を使用しているので、脱毛サロンでの高い効果を感じたいならおすすめです。

コース VIOセットコース
料金 月額 5,200円(税別) 総額151,152円
内容 デリケートゾーン全体
店舗数 47店舗(14都道府県)
評価 評価5

 

 

VIO・ハイジニーナ脱毛でおすすめ!人気の脱毛サロン最新ランキング

おすすめポイント

プリートは脱毛業界で唯一のVIO脱毛専門店。

そのためVIOやハイジニーナへのこだわりもピカイチで、脱毛範囲も一番広く、ボクサーパンツを履いた感じの部分まで脱毛が可能です。
ただ脱毛するだけなく、デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着を改善する美白コースも用意されているのでキレイな仕上がりにしたい人におすすめです。
Vラインのデザインはヘアーカタログも用意しているほど種類が豊富で、満足できなかった場合には全額返金保証も付いている安心のサロンです。
また、VIO脱毛は見られるのが恥ずかしいという人は、専門店であるプリートが通いやすいのではないでしょうか。

コース プレミアムハイジニーナ脱毛(脱毛+美白)
料金 12回 総額123,750円
内容 Vライン/Iライン/Oライン/アウトVライン/へそ上/へそ下+美白
店舗数 5店舗(3都道府県)
キャンペーン 全回数50%OFF
評価 評価5

 

 

VIO・ハイジニーナ脱毛でおすすめ!人気の脱毛サロン最新ランキング

おすすめポイント

脱毛サロンに通う女子の3分の2に選ばれている超人気サロン。

脱毛初心者にオススメのワキ&Vライン美容脱毛完了コースは、他の部位を同時に申し込めばなんと無料になっちゃいます。
なので、回数がかかりがちなVラインは満足するまで通い放題です。
全国に180店舗以上もある店舗は全て駅近で途中変更も自由、予約変更も会員サイトからいつでもOKなど、通いやすさに定評があることも人気の理由!
そして今月はミュゼアプリを登録するとコースが半額になるのでチャンスです。

コース ハイジニーナ7美容脱毛
料金 48,000円 → 24,000円(税別)
内容 全ての部位から気になるところを好きなだけ選べる
店舗数 185店舗(38都道府県)
評価 評価5