介護脱毛って知ってる?VIO脱毛は将来を考えてやっておいてもいいかもしれません

脇や腕、脚は目立つ部位であるため、人気の脱毛部位になっています。
また、近年ではVIO脱毛をする方が増えていますが40歳あたりからVIO脱毛を意識し始める方も増えているといいます。
では、その理由はどのようなところにあるのでしょうか。

 

介護脱毛とは?どんな方法があるの?

40歳以上の年齢を迎えた女性がVIO脱毛を意識する理由、それは、将来的な介護を見据え、ムダ毛をなくしておきたいということです。
ご自身でムダ毛処理をしたいと考えても、介護を受けなければならない状態になったら、それは叶わぬ思いとなってしまうことでしょう。
つまり、その時が来るまでにムダ毛を処理しておくのが介護を見据えたVIO脱毛であるということです。

 

では、VIO脱毛にはどのような種類があるのでしょうか。

 

脱毛には、ワックス、フラッシュ、レーザー、ニードルがありますが、ワックス脱毛では数週間で元の状態に戻ってしまいますので、おすすめすることができません。
残るはフラッシュ、レーザー、ニードルということになりますが、これらの脱毛方法はそれぞれに性質が異なりますので、得られる効果も異なります。

 

まず光脱毛ですが、この脱毛方法は永久脱毛ではありませんので、将来的にムダ毛が再生する可能性があります。

 

ただし、繰り返し施術を受けることにより、ムダ毛がだんだんと細くなりますので、永久脱毛ではなくてもムダ毛を減らしておきたいとお考えなのであればおすすめできる方法です。

 

 

そして、レーザー脱毛は医療機関でのみ取り扱いがある永久脱毛ですので、脱毛完了後のムダ毛再生率が低いというメリットがあります。
ところが、施術中に強い痛みを伴うことがあるため、痛みに弱い方にとっては苦痛になる可能性があるというデメリットを持っています。

 

フラッシュ脱毛では、施術中にレーザー脱毛ほどの痛みを伴う心配はありません。

 

では、ニードル脱毛ではどうなのでしょうか。
ニードル脱毛もまた、医療機関でのみ取り扱いがある永久脱毛で、フラッシュやレーザーなどを照射するのではなく、特殊な絶縁針を毛穴から挿入し、毛根組織を焼き切る方法です。
したがって、毛根組織がしっかりと破壊されてしまえば、ムダ毛が再生する可能性が極めて低い脱毛方法ということになります。

 

ですが、ニードル脱毛はムダ毛を1本ずつ処理する脱毛方法であるため、脱毛完了までには長期間を必要とし、また、費用も高額な設定になっていることか多いというデメリットを持っています。

 

さらに、ニードル脱毛は強い痛みを伴うことが多いため、痛みに弱い方にはおすすめできないというデメリットもあります。

 

このように、これらの脱毛方法にはそれぞれにメリットもデメリットもありますので、じっくりと検討した上で、ご自身に合った脱毛方法を選ぶと良いでしょう。

 

そして注意して頂きたいのは、フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の場合では、ムダ毛の黒い色素にフラッシュまたはレーザーを照射するため、アンダーヘアが白髪になる前に施術を受けておく必要があるということです。

 

万が一アンダーヘアが白髪になってしまったら、選択肢がニードル脱毛に限られてしまいますので、できる限りアンダーヘアが白髪になる前に、どの方法でVIO脱毛を受けるのか決めて脱毛を開始しておくことが望ましいといえるでしょう。

 

介護脱毛をやっておいたほうがいい理由

 

介護を受けるに当たっては、入浴の問題についても考えておかなくてはなりません。

 

ご自身でほとんど身体を動かすことができなくなった状態で、誰かに入浴させてもらうところをイメージしてみましょう。
このときに、VIOラインにムダ毛がビッシリとあったらどうでしょうか。

 

本来であれば、綺麗な状態にしてもらえるはずの部分に洗い残しが生じる可能性が考えられ、ご自身としては「もう少し綺麗に洗ってもらえたら…」という思いが残ってしまうかもしれません。

 

また、入浴させてくれる方にとっても、「このムダ毛さえなければ、もっと綺麗に洗ってあげられるのに」という思いが残ってしまうことも考えられます。

 

このようなことにならないためにも、将来的に介護を受けることになったときに備えて、やっておいておいたほうがいいと考えられるのがVIO脱毛です。

 

VIO脱毛は40代以降の女性に人気です!

 

40代では、将来の介護について考えるのはまだ早いという考え方もありますが、年齢が若くてもアンダーヘアに白髪が混じったり、完全に白髪になってしまったりする可能性は十分に考えられます。

 

また、どの方法で介護脱毛を受けるにせよ、脱毛完了までには長期間を必要とするため、のんびり構えていると、あっという間に介護を受ける年齢に到達してしまうことも考えられます。

 

ご自身が介護を受けるイメージはなかなか湧かないかもしれませんが、余裕を持って介護脱毛を受けておくのであれば、やはり40歳の声を聞いた段階で、いずれかの方法による介護脱毛を検討することが望ましいといえるでしょう。
VIO脱毛は、若い世代の女性に人気の脱毛ですが、近年では、介護を意識し始める40代以降の女性たちの間にも、人気が広まりつつある脱毛です。

 

介護なんてまたまだ先…と捉えるのではなく、介護を受けるまでには時間があるから、この間に介護脱毛を受けておこうという捉え方をし、この機会に介護脱毛を開始して、快適に介護を受けられる準備を始めてみてはいかがでしょうか。

 

40代を過ぎたら介護脱毛の検討を!

 

まだ40代だから…と呑気に構えていると、あれよあれよという間に、介護を受ける可能性が出てくる年齢が近づいてきます。

 

いざ介護を受ける段階になって慌てないためにも、時間的な余裕がある40代のうちに介護脱毛を受けておくといいかもしれません。

 

 

介護脱毛って知ってる?VIO脱毛は将来を考えてやっておいてもいいかもしれません

関連ページ

VIO脱毛は全剃りした方がいいの?自然なアンダーヘアに仕上げるための裏ワザ
VIO脱毛でよくある全剃りや全処理とは、どういったことをするのでしょうか?ハイジニーナにするつもりがなくても全剃りをした方がいいのかお答えします。また、VIO脱毛のお試しができる脱毛サロンもご紹介します。
脱毛サロンはいぼ痔だと施術できない?できる人とできない人の違い
肛門周りに疾患がある場合、脱毛できるのか気になりますね。こちらではいぼ痔や切れ痔、痔ろう、スキンタグなどがあってもOラインの脱毛ができるのかについてお話ししています。
おりものが多くてVIO脱毛したいけどできない!脱毛サロンに通うことはできる?
VIO脱毛する際におりものが多いと恥ずかしく、においも気になりますよね。こちらでは、おりものが多いときにVIO脱毛できるのか?おりものが多いときの対処法、おすすめの脱毛サロンも紹介していくので参考にしてください。
Iラインってツルツルにできないの?粘膜の脱毛について
Iラインの自己処理はケガや黒ずみの原因となるため脱毛することをおすすめしますが、Iラインの粘膜まで脱毛したいのであればvio脱毛を専門にしているサロンや、医療脱毛クリニックがおすすめです。