全身脱毛はホクロやシミが多くても大丈夫?

脱毛を受ける際、ホクロやシミ、ニキビ跡がある場合は、特別な処置が必要という話を聞いたことはありませんか。

 

では、体にホクロやシミ、ニキビ跡が多くある場合でも全身脱毛ができるのか、できるとすればどんな方法なのでしょうか。

 

また、脱毛によってシミが濃くならないかについても解説いたします。

 

ホクロやシミ、ニキビ跡が多くても全身脱毛はできる?

脱毛サロンで全身脱毛を受ける際、光脱毛(フラッシュ脱毛)という方式が使われています。
光脱毛はSSC脱毛とIPL脱毛の2種類あり、どちらもメラニン色素に反応して熱を発生させて毛根にダメージを与え脱毛する方法。

 

つまり、体毛だけでなく、ホクロやシミ、ニキビ跡にあるメラニン色素についても反応してしまう可能性があります。
ホクロやシミ、ニキビ跡にフラッシュが直接当たってしまうと、その部分が熱を持ってしまいやけどを起こす可能性もあるのです。

 

そうだとすると、ホクロやシミ、ニキビ跡が体に多くある場合、全身脱毛はできないのでしょうか。
実は、きちんとした対策をすればホクロやシミ、ニキビ跡が多くても全身脱毛は可能です。

 

どのようなやり方をすれば全身脱毛ができるのか、確認してみましょう。

 

全身脱毛ランキングを今すぐチェック>>

ホクロなどがある場合の脱毛方法とは?

ホクロやシミ、ニキビ跡がある場合、小さな範囲であれば肌色をした専用のシールをお肌に貼りホクロなどの部分を隠します

 

黒味を帯びている部分をシールで隠すことで、フラッシュがその部分に直接当たらず、脱毛がスムーズに進められるんですよ。
このとき、シールを張らなければ、照射と共に、ホクロなどがある部分に激しい痛みが生じます。
しかも、痛みはその瞬間だけでなく、2、3日は持続しますし、熱を持ってしまうことも。

 

症状がひどい場合には病院での治療が必要となるので、ホクロやシミ、ニキビ跡がある方は、スタッフに申し出て、必ずシールを貼るなどの対策を取ってもらいましょう。

 

そして注意したいのは、シール部分に対しての脱毛効果です。
シールを貼った部分には直接フラッシュが当たらないため、脱毛効果が得られません。
ホクロなどのサイズと同じくらいのシールを貼るのであればともかく、小さなホクロであればシールが大きすぎて脱毛範囲が狭まることに注意しておきましょう。

 

また、体にホクロやシミ、ニキビ跡がたくさんある場合も要注意です。
それらの部分すべてにシールを貼らなければならないため、体全体的に見ると、どうしても脱毛範囲が狭まってしまうので、少しもったいない気もしますね。

 

そこで、利用したいのが、ホクロやシミ、ニキビ跡があっても全身脱毛が受けられるサロンです。

 

例えば、ハイパースキン脱毛を行っているサロンであれば、ホクロなどの数や色にかかわらず脱毛ができるんですよ。
ハイパースキン脱毛とは、38度くらいの人肌の光を照射する方法です。

 

大半のフラッシュ脱毛では、最大で80度くらいの高温となるため、火傷の心配がありますが、人肌程度であれば火傷の心配もありませんよね。
また、ハイパースキン脱毛で使う光にはキレイモのフォトフェイシャルのように美顔にう導く光も使用されています。

 

フォト美顔は、照射を繰り返すことで、お肌がツルツルに変わっていき、シミやそばかすなどの改善にも使われている美容方法。
ハイパースキン脱毛の脱毛力は、他の方法に比べると強力ではありませんが、ホクロやシミ、ニキビ跡に悩む方にとっては救世主と言えるかもしれませんね。

 

全身脱毛の後色素沈着はおこらない?

ホクロやシミ、ニキビ跡には、メラニン色素が定着しているため、全身脱毛でフラッシュを照射することで、色素沈着が進みそうな気がしますよね。
また、脱毛経験者からは、脱毛施術を受けてからシミが濃くなってしまったなんて話も聞きます。
では、全身脱毛をすることで、色素沈着が起こってしまうのでしょうか。

 

答えは、No。

 

全身脱毛自体が色素沈着を引き起こすことはありません。
しかし、問題は、全身脱毛後のアフターケアにあります。
脱毛のためにフラッシュを照射した後は、お肌がとても乾燥しているため、過敏になっています。
そこで行いたいのが、お肌の保湿です。
化粧水やローション、クリームなどをお肌にしっかりと塗って、保湿するよう心がけましょう。
さらに、脱毛後のお肌に紫外線を当てるのも御法度。
過敏な状態のお肌に紫外線が当たるとメラニン色素が生成されて色素沈着してしまうもとになります。
お肌に刺激を与えないためにも、たとえば腕の部分を脱毛した後は長そでを着用したり、足を脱毛した後は、ロングパンツをはいて、お肌を紫外線から守る必要があります。

脱毛するなら保湿は必需!脱毛効果を高めるためには大切.>>

 

ホクロやシミ、ニキビ跡が多くあっても、全身脱毛を受けることは可能です。
サロンによっては、ホクロやシミ、ニキビ跡がある部位に肌色のシールを貼り、フラッシュが当たらないように保護しましょう。
気になるのであれば、ハイパースキン脱毛を受けても良いでしょう。

 

ハイパースキン脱毛ならディオ―ネがおすすめ

 

おすすめポイント

ディオーネではうぶ毛の脱毛にもパワーを発揮する新発想のハイパースキン法を採用し、痛みがなく、敏感肌の方や3歳の子供でも通えるお肌に優しい脱毛をしてくれます。

全身脱毛のコースには顔は含まれていませんが、他店ではNGは眉山ギリギリ、眉間、唇の境目まできれいに脱毛できるので一緒に顔脱毛のコースを申し込むのもおすすめです。
また、脱毛しながらエステ級の美肌作用もあることから、ハリ・ツヤのあるお肌に肌質改善することもできると評判です。

ディオーネの全身脱毛

 

コース 全身脱毛(8部位チョイス)
料金 6回/99,000円 12回/198,000円
コース 全身脱毛(顔を除く)
料金 6回/210,000円 12回/360,000円
ディオ―ネの全身脱毛の詳細はこちら>>

店舗情報

店舗数 120店舗(29都道府県)

 

 

全身脱毛はホクロやシミが多くても大丈夫?


関連ページ

全身脱毛の手順を知って安心して脱毛を受けたい
全身脱毛を受ける時に気になるのが、どのように脱毛を行うのかその手順ですよね。実は、パックプランと月額制では施術の受け方が変わってきます。
全身脱毛のデメリットは汗が掻きやすくなること?
全身脱毛をすると、身体全体の毛がなくなり肌も綺麗になるので多くのメリットがあるように見えますが、中には全身脱毛後に汗が掻きやすくなって困っているという意見も多く聞かれます。本当に全身脱毛をすると汗は掻きやすくなるのでしょうか?
全身脱毛は回数無制限がお得?通い放題のメリット・デメリット
全身脱毛を行うときには通い放題がおすすめと言われていますが、その通い放題の仕組みと、月額制と比べたときのメリット・デメリットをご紹介します。 また、中でも通い放題でおすすめな銀座カラーとシースリーの2店舗の特徴もご紹介しますので、サロン選びの参考にしてください。
脱毛サロンの割引でお得に全身脱毛!特典が受けられるかまずチェック!
脱毛サロンには、さまざまな割引制度が充実しています。割引を利用するとしないでは、全身脱毛のトータルの金額がかなり変わってきます。こちらでは全身脱毛をするのに脱毛サロンに共通している一般的な割引制度や、サロン独自が設定している割引制度についてご説明しています。
全身脱毛は個室?プライバシーを重視した脱毛サロンに通いたい人へ
全身脱毛ができるサロンの中には、カーテンで区切って半個室を作っているようなところもありますが、プライバシーが気になりますよね。 完全個室での施術だと他のお客さんも気にならず、安心して脱毛ができます。 シースリーやキレイモ、銀座カラーなど完全個室を取り入れているサロンだと安心して脱毛ができますよ。
「剛毛でも脱毛サロンで全身脱毛したい!脱毛効果はちゃんとあるのか徹底解説」
女性にとって剛毛は恥ずかしく、脱毛をして綺麗な肌にしたいという人が多いですよね。 しかし、いざ脱毛サロンに行くとなるときちんと脱毛効果が出るのか心配な人も多いはずです。今回はそんな剛毛な人でもしっかり脱毛効果が出るのか紹介します。
全身脱毛って都度払いはできるの?単発でもOKな脱毛サロン&医療脱毛
脱毛サロンや医療脱毛の支払い方法のひとつである都度払い。こちらでは都度払い脱毛はどういった方法なのか、都度払いのメリットとデメリットについて、また全身脱毛の都度払いができるサロンやクリニックについてご紹介しています。
全身脱毛の回数制パックは月額制よりお得?メリット・デメリットまとめ
全身脱毛を受ける時に回数制プランと月額制プランどちらで脱毛するのがよいのか迷ってしまう人も少なくないと思います。それぞれのメリット・デメリットを把握することでより自分に適したプランが明確になります。ここでは回数制プランと月額制プランをくわしく解説していきます。
顔脱毛は考えていない人!顔以外の全身脱毛でおすすめな脱毛サロン
顔の産毛が気にならない人にとって顔脱毛ありの全身脱毛はムダに感じますし料金が高くなるだけ損をした気分になりがちです。こちらでは、顔脱毛のメリットやデメリット、顔脱毛なしの全身脱毛でおすすめの脱毛サロンの詳細を3件ご紹介しています。
脱毛サロンではタトゥーが入ってても施術可能?全身脱毛する前に確認しておこう
最近はおしゃれの1つとして入れ墨やタトゥーを入れる若者が増えていますが、入れ墨やタトゥーが入っている状態で全身脱毛できるのか疑問ですよね。ここでは、入れ墨やタトゥーが入っている状態で脱毛できるのか?肌トラブルを起こさないか?など詳しく解説していくのでチェックしてみてください。