VIO脱毛の全剃りってどういうこと?

VIO脱毛したいと思っていてもその理想形はさまざまで、ハイジニーナにしたい人ばかりではなく、ほどよく整えたい人も多いです。

 

ですがvio脱毛するときには、どのような形にしたいかと考える前の段階でVIO全体に光を照射し全体的に毛量を減らすため全照射をするのがおすすめです。
なぜならVIOを全剃りして全照射することで、毛そのものが細くなり生え揃うと全体的な量が減るからです。

 

ワキなどと違い、アンダーヘアは1本ずつを間引いていくことができません。
そのため全体に照射することで、まんべんなく毛量を減らす処置をするサロンが多いのです。

 

アンダーヘアが濃いかたいという悩みは、全剃りして照射することで毛の質が変わり、柔らかくふわふわとした印象に変わります。

 

 

VIO脱毛の全処理は何回すれば効果的?

VIOの全照射を何回すればいいのか?という素朴な疑問がわいてきますが、これはもともとのヘアの濃さや毛のかたさによっても変わってきます。

 

自然な状態でボリュームが多い人は、脱毛サロンの場合3〜6回ほど全照射が必要だと思っておきましょう。

 

アンダーヘアに関しては、友達は5回だったけど自分は8回かかるというふうに、誰かの体験談があまり参考にならない部分があります。
VIOの状態は個人差がかなり大きくなりますので、自分の場合はどうなのかをサロンのスタッフに相談するのがいちばんよいでしょう。
毛の量やかたさや生え方などをチェックして、回数の目安を教えてくれますよ。

脱毛サロンの効果が出る回数の目安を徹底解説!部位別でご紹介>>

VIOを全剃りするのは恥ずかしい!そんなときはお試し体験するのがおすすめ

デリケートゾーンを全剃りして全照射すると効果的ということが分かっても、やっぱりVIO脱毛は見られるが恥ずかしいという声が多く、なかなか契約する勇気が出ないという声を聞きます。

 

そういった心配がある方は、VIO専門店のプリートに通う、もしくはVIO脱毛のお試しコースを用意している脱毛サロンで一度体験してみるのがおすすめです。

 

VIO脱毛は1回でも一週間ほどすると毛がスルっと抜け落ちるのが目に見えて分かるので、脱毛効果を実感することができますし、本契約はするか分からないけれどお試しで一回だけ脱毛してみようという気持ちで臨んでみてもいいかもしれません。

 

また、効果は実感することができますが一回だけではしばらくするとまた毛が生えてくるので、生えてこなかったらどうしよう・・という心配もありません。

 

体験コースの場合は無料カウンセリング当日に脱毛をすることができるので気軽足を運んでみてはいかがですか?

 

サロン 体験価格/回数 詳細
プリート 1,100円/1部位1回 コース詳細
プリート 5,000円/VIO全体1回 コース詳細
ジェイエステ 5,000円/VIO全体2回 コース詳細
エピレ 6,000円/VIO全体2回 コース詳細

 

 

全身脱毛でもVIO全剃りして全照射することができる

VIO脱毛の契約じゃないと全照射してもらえないというわけではなく、全身脱毛のコースにVIOが含まれているサロンでなら、通いはじめの数回は全照射をして、毛質や毛量を見ながら調節してもらうことができます。

 

全身脱毛の場合、通うペースは2〜3カ月に一回なのでアンダーヘアは毛周期に合わせたベスとタイミングで照射ができるので脱毛の経過も分かりやすいです。

 

どうせなら全身脱毛しちゃおう!という方はVIOを含む全身脱毛ができる脱毛サロンのカウンセリングで相談してみましょう。

 

 

VIO脱毛する前のシェービング方法

日常生活を送るうえでワキや脚・腕のムダ毛を自分で処理することはあっても、アンダーヘアを全部剃るという行動を日常的にしてる人は少ないでしょう。
自分の目で直接確認できない部分ですし、凹凸がありますからどうやって剃ればいいか戸惑ってしまうことも。

 

陰部は複雑な形状をしたデリケートな部位ですから、奥のほうをカミソリで処理するのは危険です。
また光やレーザーを当てるとき、毛根が残っていないとしっかり効果が出ませんから、毛抜きで抜いたり脱毛クリームで毛根をを溶かしてしまうこともおすすめできません。
VIOの全剃りにもっとも向いているのは、電気シェーバーです。
ですがいきなり電気シェーバーを何も処理していないアンダーヘアに当てても、しっかり剃ることができず絡まってしまいます。

 

VIOを電気シェーバーで剃る前には、まずハサミを使いヘアを適度な長さにカットしましょう。
Vラインの上のほうは目視で確認できますが、そこよりも下になってくるとよく見えません。
そのため奥のほうは、鏡などを使って確認しながら剃っていきます。
全剃りが終了したら、化粧水や乳液クリームなどで保湿しておきましょう。

 

もし自分で剃るのに抵抗があったり、うまく剃れるか心配だったりする人は、シェービングサービスのあるサロンもありますので相談してみるといいですね。

 

VIO脱毛の前日にやってはいけないことは?

VIO脱毛も他の部位と同様に、前日にしてはいけないことがあります。
全剃りをしたあとは軽く保湿をし、それ以外は何もつけないようにしましょう。
また飲酒・服薬・日焼け・激しい運動も避けましょう。
VIOという部位にはうっかり日焼けは起こりにくいですが、それでも海やプールに行くことは避けておきましょう。
水着の生地を通して、日焼けしてしまう可能性もゼロではありません。
VIO脱毛の前日は、極力体温を上昇させるようなことや、お肌に負担をかけることは避けて、自室でゆったり過ごしておきましょう。

 

 

VIO脱毛の事前シェービングは前日に済ませておこう!

VIO脱毛の前日や当日の注意事項は、ワキや脚・腕などとさほど変わりません。
そして事前シェービングについては前日に行うようにしましょう。
前々日やそれ以前に全剃りをすると、毛の生えるスピードによっては「剃り残し」と判断されてしまうこともあるからです。

 

早めに全剃りするほうが安心、気が楽だという思いもあるかもしれませんが、全照射の効果を最大限に感じるためにはやはり前日のシェービングがおすすめです。
電気シェーバーは顔剃り用のものだと小回りが利き、安全ですのでぜひ使ってみてください。

 

すでに電気シェーバーを持っていても前日に慌てて探すのではなく、数日前から余裕を持って準備し、電池が切れていないか、きちんと動作するかを確認しておくと安心です。

 

ちょっと恥ずかしいけれど、脱毛効果を上げるためにはやってみる価値がおおいにあるVIOの全剃り。
納得のいくVIOラインを手に入れるために、ぜひ思いきってチャレンジしてみてくださいね。

VIO・ハイジニーナ脱毛でおすすめ!人気の脱毛サロン最新ランキングをチェック

 

VIO脱毛は全剃りした方がいいの?自然なアンダーヘアに仕上げるための裏ワザ

 

 


関連ページ

介護脱毛とは
脇や腕、脚は目立つ部位であるため、人気の脱毛部位になっています。また、近年ではVIO脱毛をする方が増えていますが、40歳あたりからVIO脱毛を意識し始める方も増えているといいます。では、その理由はどのようなところにあるのでしょうか。
脱毛サロンはいぼ痔だと施術できない?できる人とできない人の違い
肛門周りに疾患がある場合、脱毛できるのか気になりますね。こちらではいぼ痔や切れ痔、痔ろう、スキンタグなどがあってもOラインの脱毛ができるのかについてお話ししています。
おりものが多くてVIO脱毛したいけどできない!脱毛サロンに通うことはできる?
VIO脱毛する際におりものが多いと恥ずかしく、においも気になりますよね。こちらでは、おりものが多いときにVIO脱毛できるのか?おりものが多いときの対処法、おすすめの脱毛サロンも紹介していくので参考にしてください。